食欲の秋!京都から世界へ、お弁当箱専門店「Bento&co」

標準

近年、日本の弁当文化が世界で”BENTO”として注目を浴びているのをご存じでしょうか。京都発の弁当箱専門店「Bento&co」。フランス人オーナーが経営するこのお店、一体どんなお店なのでしょうか。

世界共通語“BENTO”!

私達日本人にとっては当たり前のお弁当が、今世界では非常に人気があり、”Bento”という言葉は今や世界の共通語になりつつあります。海外での”Bento”ブームは、食に関心の高いフランスから火がつきました。世界中に日本のお弁当箱を発信する「Bento&co」。日本の弁当箱文化に興味を持ったフランス人のオーナーが、お弁当箱のネット販売を始めたことがこのお店のきっかけです。

“Cool”な日本のお弁当箱。

店内は外国人の観光客の方を中心に非常に賑わっています。カラフルで可愛らしいお弁当箱から、日本らしいこけしや富士山をモチーフにしたお弁当箱まで、見ているだけでワクワクするような様々なお弁当箱が並びます。彼らの目には、これらの日本のお弁当箱はとても”Cool”に映るそう。

Shoko Muraguchi

世界から見る日本

私達にとっては当たり前の日本が、外国人の目を通すととても目新しく斬新なものに変わります。普段はお弁当を持たない人も、この秋はお弁当箱を持って大学の講義や行楽に出かけてみませんか。今まで見慣れて色あせてしまっていた日本の”Cool”さを、きっと再発見できるはずです。


998917_245339242316656_740990136_n

【参考】: 京都発の弁当箱専門店「Bento&co」。フランス人オーナーのセレクションが素敵・・・
広告