かなりシュール!鴨川のカップルを模した「鴨川カップルシミュレーション」

標準

京都市内を流れる鴨川。多くの人々の憩いの場であるこの川のほとりにはカップルも多く集まり、「鴨川等間隔の法則」と呼ばれる現象が起こることが知られている。そんな法則をシミュレーションで表現しているサイトが存在する。この不思議な現象を捉え直すシミュレーションの様子とは…。

「鴨川等間隔の法則」とは…

「鴨川等間隔の法則」とはカップルが鴨川の川岸に座っていき、カップルの間に新しいカップルが座ると両側のカップルが左右の間隔が等しくなるようにじわじわと移動していくことから川岸に並ぶカップルが等間隔に座るようになる法則のことである。したがって夏場や夜間などカップル数が多い時はその間隔も狭まってくる。また電灯の近くなどの明るい場所や男性グループの近くでは間隔が広くなるという。

京都ではかなり有名な法則で研究対象として論文も書かれたほど。時にはパートナーのいない男性陣などから妬みや嫉妬の対象としても見られがちだが、当のカップル達はそんな感情は微塵も気にせず幸せオーラ全開で2人の時間を過ごしている。ちなみに鴨川のほとりでキスをすることは「鴨チュー」と言うそうで、これはもれなく「非リア充」からの突き刺すような視線と憎悪が向けられるので「鴨チュー」をする際はしっかりと周囲の状況に配慮したい。

等間隔ラブ

Photo: @Doug88888 on flickr

カップルの動きを再現した「鴨川カップルシミュレーション」

このユニークな法則をシミュレーションで表現したサイトが存在した。その名も「鴨川カップルシミュレーション」。このサイトはJavaScriptを用いて鴨川の川岸に並ぶカップルの動態をシミュレートしているのだが、その表現方法は実にシンプルで黄色い長方形と緑色の背景のみ。この黄色い長方形が川岸に座るカップルを表しており、新たに現れては両隣の長方形との距離を調整しながら動いていく。調整のパターンは3つ選択することができ、「すぐ移動」、「じわじわ移動」、「左右の幅の差が我慢できなくなると移動」の3つがある。それぞれのパターンにおいて長方形が異なった動きを見せ、次第に等間隔に並んでいく。

シミュレーションはサイトを開くとすぐに始まるのだが静かに現れては少しずつ動いていく黄色い四角の様子は実にシュールであり、見続けていると何だか可愛らしくも見えてくる。普段は鴨川に並ぶカップルを見て心穏やかではいられない方もこのシミュレーションならばほっこりとした気分になれるかもしれない。このシミュレーションは下記のサイトで見ることができる。このサイトでこの京都特有の現象を大きく捉え、鴨川のカップル達を見ればまた違った思いや感覚をもって彼らを見ることができるだろう。またこれまで鴨川で愛を深めたカップルも自分たちが生み出してきた現象を俯瞰して楽しんでみてはいかがだろうか。

鴨川カップルシミュレーション http://www.pitecan.com/tmp/kamogawa.html

 

京大のセンス、ぎゅっと。SENSE KYOTO


998917_245339242316656_740990136_n

【トップ画像】 : Nullumayulife
【参考】: はてなニュース / 京都通百科事典
広告