KUMANORYO

【必見】京大生なら知っておきたい「熊野寮ってこんなとこ」10選

標準

闇(謎)に包まれた、京大の2大寮の一翼(左?右?)を吉田寮と共に担う「熊野寮」。京大で個性的な人が熊野寮生と言うと、思わず納得してしまう人も多いが、果たしてその実態とはどんなものなのだろうか?熊野寮を知らない京大生、必見!

もし、あなたが京都大学の学生であれば、こんなことを思ったことがあるかもしれない。

「熊野寮か〜、なんか吉田南とかでよく演説してる人たちの住んでるとこ? 全然わかんない(笑)」

京大生ですら熊野寮のことをほとんど知らない人も多い。ただ、なにかと最近話題に上ることも確か。友達や両親に説明を求められて困ることもあるかもしれない。京大生なら、熊野寮を知っておいても損は無いはず!

※この記事は、熊野寮とは全く関係のない京大生が書いています。真偽とは異なる可能性があることを、ご了承ください。

1.家賃が異様に安い

東京に比べ、京都の家賃は比較的安い。6万円あれば10畳級の家にも住める程度だが、熊野寮の家賃は月4100円だ。これだけ安いため共同部屋や共同シャワーなど、プライバシーがある環境とは言えないが、それでも驚きの価格。節約したいなら、熊野寮がオススメだ。

2.外観は(意外に)キレイ!

京大キャンパスから少し離れた場所にある熊野寮。丸太町通りという大きな通りに面していて、そこから見ると思ったよりも普通(?)の寮に見える。(もちろん、中身は・・・。)ご両親に住むことを説得する場合は、外観だけ(遠目に)見せておけば問題ないだろう。

3.KMN48というアイドルがいる

400人以上の京大生が生活しているという熊野寮。様々な人が平穏に暮らしているが、もちろん女子寮生もいる。さらに、普通の寮にはあり得ない、公式アイドル「KMN48」までいるという!熊野寮、魅力的・・・。

4.伝説の住人が住んでいる。

まさに、生ける伝説(笑)。

5.たまに機動隊が突入してくる

熊野寮には定期的に機動隊が突入してくるという。素手で立ち向かうのは危険なため、「3点セット」(マスク、グラサン、ヘルメット)が寮生の間で合い言葉になっているらしい。

6.たまに機動隊とマラソンできる

機動隊が突入してくると、念のため令状を確認し合うのが恒例。もし、令状の捜索住所が間違っていたら、機動隊はマラソンで撤退しないといけないため、その時ついでに寮生も一緒にマラソンをするという。

7.たまに機動隊と記念撮影できる

普段はなかなか会えない機動隊員。そんな彼らを前にすると、寮生も思わずテンションが上がるようだ。

8.吉田寮と放送室を奪い合う戦争が年2回ある

京大の2大寮である吉田寮とはライバル関係にある熊野寮。年2回、両方の寮生がお互いの放送室を奪い合う通称、「ストーム」を行っている。どうも機動隊が定期的にやってくることが背景にあるという説もある(練習のため)。放送室を占拠し、勝利宣言で終了。その後は親睦を深めあうというから安心。

9.NFより盛り上がる(?)熊野寮祭というお祭りがある

毎年京大のNF本祭後に開催される熊野寮祭。みんながNFで完全燃焼しているところに、さらにガソリンをぶっかけてお祭りテンションにしてしまう、すごいお祭りだ。過去には時計台に登ったり、総長室に突入したりと、京大の話題を毎年さらっていく秋の風物詩。

10.繁華街で運動会する

京都の繁華街である四条河原町。普通に一般人もたくさんいる場所では、熊野寮生も大人しくしている・・・と思いきや、騎馬戦をしたり、綱引きをしたり、パン食い競走をしたりして、町の人々を楽しませているらしい(?)。


 

まさに自由の学風を体現したような熊野寮だが、世間的なイメージの寮生はごく少数。常識人や、尊敬できる寮生も多い、というのが実情だ。京大生も、何かと話題提供をしてくれる彼らを、温かい目で見ていたりもする。そういうところが、京大の良い所なのかもしれない。

998917_245339242316656_740990136_n

【TOP PHOTO】m-louis .® 

広告