京都府のFacebook普及率が全国2位!?幸福度との関係は?

標準

今ではすっかり、情報発信やコミュニケーションのメインツールの1つとなったSNS。今回なんと、京都府のFacebook普及率が全国2位であることが調査で明らかになったのだ。

■ Facebook、Twitter、YouTube、Google+、mixi・・・

ここ数年、日本でもSNSの成長はめざましく、2014年だけを見てもSNSの世界は大きく変化した。今回はその中でも、圧倒的・支配的な地位を築き上げたFacebook。ここ最近では少し成長に陰りが見え始めてきたと言われているが、鈍化傾向ではあるものの、緩やかに成長し続けている。この記事を読んでいる皆さんもFacebookのアカウントを持っている人がほとんどではないだろうか。

今回そのFacebookにおいて、京都府の普及率が全国47都道府県の中で第2位であると、調査で明らかになったのだ。

Facebook 人Ptoto: Dimitris Kalogeropoylos by flickr

・第1位 東京都(51.9%)

・第2位 京都府(47.9%)

・第3位 沖縄県(46.9%)

(ちなみに、このデータは15歳〜44歳のインターネット利用率95%の層でFacebookの広告ツールから抽出したもので、単純に利用者数ではない。京都府はその年齢層の人口約96万人に対してFacebookユーザーは46万人。)

1位が東京なのは納得だが、2位、3位が京都、沖縄なのは少し意外な結果だ。京都にIT系企業が多いことなども関係しているのか?要因はわからなかったが、普及率上位県には何か共通点などがあるのだろうか。

■Facebook普及率の高い県は幸福度が低い!?

友人や知人らとの結びつきを強めてくれるSNSだが、Facebook人口普及率の上位3県は幸福度も高いのかというと、東京都38位、沖縄県41位、京都府42位という結果に。偶然かもしれないが、3県とも幸福度ワースト10にランクインしているのだ。「ソーシャル疲れ」という言葉もあるように、Facebook普及率と幸福度は反比例の関係にあるのかもしれない・・・。

今後SNSが私達の生活の中でどのように変化していくのか、注目していきたい。

 


 

998917_245339242316656_740990136_n

【トップ画像】: nate bolt by flickr
【参考】: 京都府のFacebookの普及率は日本全国で2位という結果に / Facebook普及率の高い県は幸福度が低い?

 

広告