【新企画】京大生の内側に迫る。新企画始動!

標準

2015年、SENSE KYOTOが新たな企画を始めます。これまでSENSE KYOTOでは、京大の様々な情報を取り上げてきましたが、今回の企画ではさらに踏み込み、京大生はどんなことを考えているのかということをより深く知れるモノを発信していきます。


京大生は一体何を考えてるのだろうか

これは、社会人の人に時々聞かれる質問である。彼らからすると、京大生はまるで「未知の生物」ともいわんばかりだ。しかし、それはあながち外れていないのかもしれない。

普段何気なく京大の中で過ごしているとあまり気を止めることがないことでも、普通ではないことがたくさんある。

今まで、SENSE KYOTOでは、そういった出来事やモノに注目してきた。

ところが、それでは足りない部分がある。

それは、まさに京大の財産とも言える「京大生」そのものである。

SENSE KYOTOでは、新企画として、「京大生」の内側に焦点を当てた記事を配信していく。

京大生を知る!

京大には様々な活動をしている人がいる。

研究はもちろん、学生団体に明け暮れる人、サークルに没頭する人、部活に命を注ぐ人、ゆるふわっと過ごしている人。

いわゆる「意識高い系」と称される活動をしている人々でも、その一人一人、内に秘めたる想いは違っていると考える。

私たちは、同じ京大生でもあまり分野・活動が似通わない人が何をしているのかについて知る機会は少ない。

これはとてもモッタイナイことでもある。

この連載企画がその部分を少しでも埋めることができればというのが、編集部の本望である。

 

この連載では、以下のような3つの問いを立てる。

①問題意識

problem

 

 

 

 

 

 

Photo by Chris Potter

 

「社会に対する思い、自分にとって何が原動力となっているのか」

 

②なにをやっているのだろうか?

 activity

 

 

 

 

 

 

Photo by Leda Kat

 

「問題意識を自身の活動にどのようなやり方で変えているのか」

 

 

③これからどうしていくのか?

future

 

 

 

 

 

 

 

 Photo by Riccardo Cuppini

「将来、どうしていくつもりなのか」

 

 


次週以降、不定期で、京大生を紹介していく予定だ。

「未知の生物」京大生を発信していく。

乞うご期待!

 

京大のセンス、ぎゅっと。SENSE KYOTO


998917_245339242316656_740990136_n

【TOP PHOTO】 :  Ichiro Maruta on flickr
 
広告