京大生活脱マンネリ!半日で満喫する京大周辺グルメツアーのススメ

標準

あなたは京大にきて、どんな生活を送っていますか?毎日忙しいと思いますが、そんな忙しい中でも、上手く時間を使えば午前中だけでも、京都を満喫できるんです。今回は、京大周辺だけで午前中を満喫できるゴールデンプランをご紹介します。


 

京大は京都市の碁盤の目の右上に位置しています。京都の中心部といえば、四条通りと三条通り、烏丸通りと河原町通りの4筋で囲まれた、「ゴールデンエリア」(と今命名しました。)ですが、京大周辺も、有名観光地の銀閣寺から、リア充スポットの鴨川デルタ、それに、少し南下すれば京都岡崎という、中心部に負けないような素晴らしいロケーションです。

さて、あなたはこの素晴らしいロケーションを上手く活用できているでしょうか?

もしできていないなら、もったいない!実は、京大周辺でも探せば色々面白いことが起こってるんです。情報アンテナを張ってないと意外と気付かないものですが、上手くプランニングすれば、午前中だけでも、すごく充実した時間を過ごせるのです。今日は、その一例をご紹介しましょう。

●下鴨神社とと出町柳と百万遍

今回、僕が行った場所は、「下鴨神社」と「出町柳」、それに「百万遍」です。え、それだけ!?と思われるかもしれません。でも、この1直線上に位置する3つの場所でも、十分なんです。

下鴨神社といえば、世界遺産として多くの観光客が参拝する名所ですが、鴨川デルタからすこし北上すれば行くことが出来ます。京大生にとって、すごくいいロケーションなんです。

でも、それだけじゃないです。下鴨神社の良いところは、「年間を通して様々なイベントを開催している」ということ。もちろん、これは下鴨神社に限ったことではなく、神社やお寺では一般的なのかもしれませんが、意外と何をやっているか知らない人も多いと思います。

今回僕が行ったのは、下鴨神社の1月15日で開催された「御粥神事」という祭事。お正月に飾られていた鏡餅を使って、小正月と呼ばれる1月15日にお粥(かゆ)を作り、「五穀豊穣、国民の安泰を祈願」します。

●まずは下鴨神社の御粥祭りへ!

今年の1月15日は、あいにくの雨でした。

okayu-2

思っていたより人がいなくて若干焦りましたが、入り口付近にのぼりが出てたので、安心。中央の参道を直進して、下鴨神社に行きます。時間は、午前9時45分ごろ。

okayu-1

到着!さて、お粥祭りというのは、奥の境内でとりおこなわれているようです。ただ、僕はそちらに興味がなかったので(下鴨神社の方スミマセン!)、早速お粥を配ってくれる場所に陣取りました。

okayu-3

こんなとこ。雨なので、テントの下です。実はお粥は午前10時から配布され、先着順で食べることができます。僕が行った時は、雨だったので、人もまばらでした。晴れの日だったら、もう少し人が多いのかもしれません。

鏡餅もたくさんあるわけではないので、早めに行くことをお勧めします。

okayu-4

テントの中では、おばちゃんたちがお粥作りの真っ最中。お疲れさまです。

そうこうしているうちに、ついにお粥ゲット!1杯300円です。

okayu-5

okayu-6

お粥に小豆が入っていて、中にお餅が入っています。味付けは、「すごく薄口」でした。ほんのり塩の風味があり、優しさを感じます。そして、まさに昔の人が食べてた味なんだと気付きました。確かに、下鴨神社は古都京都の中でも最古の部類に入る神社。建立された時代にも諸説ありますが、1000年以上前なことは確かなようです。

●出町柳のおそば屋さん

さて、御粥を食べ終わると、もうお昼前でした。出町柳をふらふらと歩いていると、おそば屋さんを見つけました。「手打大山そば 響」というお店です。出町柳駅前の駐輪場の隣にあるんですが、みなさんご存知でしょうか?

写真は敢えて載せないので、こんど探してみて下さい。(写真を撮るのを忘れただけ

名物は大山鶏をつかった南蛮そばです。

okayu-9

出汁がきいていて、かなり美味しかったです。結構穴場感があって、こじんまりしていて、僕は好きですね。

●最後は百万遍手作り市へ!

この時点で12時過ぎ。すでに普段とは別格の充実感がある午前中を過ごしていたのですが、この日は15日。そう、百万遍手作り市の日です。

みなさんは、百万遍の知恩寺で毎月15日に開催される手作り市に行ったことがあるでしょうか?実は、手作り市、かなり面白いんです。

okayu-10

「作りました」じゃなくて「創りました」ってとこが、プライドを感じます。笑

中に入ってみると、意外にもグルメのお店がたくさんあるんです!そう、最近話題のオーガニックフードです。

okayuu-12

こちらは手作りの漬け物屋さん。ごはん好きにはたまらない。

okayuu-13

okayuu-14

こちらは洋菓子のお店。かわいいお菓子。このプライスタグとかも、丁寧に作られいて、見てると面白かったです。

okayuu-15

こちらは、いかにも手作りという雰囲気。お菓子作りどころか、自炊も普段あんまりしないのに、、なぜかこれを見て「自分でもつくれるんじゃね・・・( ^ω^)」と錯覚しました。(絶対に無理です、ごめんなさい)

okayuu-16

ちなみに、おばちゃんのセールストークに乗せられ、アップルパイを購入。おばちゃんの作った味がしました。

ふと思ったんですが、こういう手作り市っていうので、人気が出る店は「有名店」か「買ってあげたいと思わせられる店」のどちらかなのかなと感じました。どれも美味しそうに見えるので、どこかに共感できてないと、購買欲が湧かないのかもしれません。マーケティング的にも興味深いです。と、頭の中で妄想しつつ、他もぶらぶら。

okayuu-16

こんなど迫力の野菜だったり、

okayuu-17

有名なパン屋さんも。

okayuu-18

焙煎コーヒーから、

okayuu-18

未年なので、ひつじの置物、

okayuu-19

個性的なアイデア時計、

okayuu-19

かわいい店頭。そしてなんといっても・・・、

okayuu-20

_人人人人人人人人人人人人人_

> 突然のハンドマッサージ <

 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

もはや手作りではないですが、神の手しかできないハンドマッサージ技術を作ったのかもしれません。

最後はふわふわスフレを買って帰りました。

okayuu-21

ここも試食がいいですね。さっきのアップルパイのお店も試食してたら買ってしまったので、試食の効果は絶大だなと思いました。(単純なだけ)もちろん、試食にはマーケティングにも有効という説が実際にありますが・・・!

●京大周辺だけで、午前を満喫!

いかがだったでしょうか?手作り市から出ると、まだ時刻は午後1時過ぎ。こんなに充実した半日を過ごしても、まだあと11時間も一日があるんです。

僕が言いたいのは、半日満喫したよ、ということではなく、

「こんな風に工夫すれば、京都や京大の生活はもっと満喫できるんだよ」ということです。

忙しくても、良いプランニングをしたら、きっと私たちの大学生活はもっと充実できるはずです。大学3年目や4年目になると、京都を遊び尽くした感があるのかもしれませんが、京都は探せば探すほど面白い場所なんですね。

あなたも、身の回りのちょっとしたイベント、普段見逃しているイベントに、興味を持ってみてはいかがでしょうか?小さなイベントでも、何個か組み合わせれば、きっと楽しいプランが出来上がるはずです。

 

【追記】今回は雨の日だったので手作り市でも写真をたくさんとれましたが、晴れてる日だと混雑して、そうはいかないそうです。人気の店はすぐに売り切れるようなので、早めに行った方が良いかもしれません。

998917_245339242316656_740990136_n

京大のセンス、ぎゅっと。SENSE KYOTO

 

 

 

 

広告