今年の京大出願者数は…。受験生も京大生も「試験」に四苦八苦?!

標準

大学受験生はセンター試験が終わり、次は2次試験へ向けて志望校選びと対策に勤しんでいるでしょう。京都大学の2次試験への出願状況が京都大学から発表されました。京大生の方は自分の受験時代を思い出しながら受験生へぜひエールを送ってあげて下さい。

2015年1月27日時点での出願者数は…

京都大学がホームページで発表した平成27年度一般入試出願者数によると、現在京都大学に出願している受験生の数は743名。募集人数が2846名なので倍率としては0.3倍となっています。国公立大学の2次試験への出願は2月に入るとピークを迎えるため、今後どこまで出願者数が伸びるかが注目です。ちなみに現在倍率が最も高いのは医学部医学科で107名の募集人数に対し69名が出願しています。また学部で見てみると工学部が234名の出願者数が現時点でおり、他学部よりも多くの出願者数をすでに得ています。

平性26年度の出願者数を見てみるとやはり工学部がぶっちぎりのトップで955名の募集人数に対して2867名の出願がありました。倍率のトップは経済学部の理系で25名の募集人数に対し、128名の出願があり倍率は5.1となっていました。全体で見ると2846名の募集人数に対し、8355名の出願で倍率は2.9。3人に1人が合格する割合です。しかし、6000人弱の受験生が涙を呑む結果になってしまうと考えると大学受験ってやはり緊張しますね…。

そんな受験生に対して京都大学のホームページのリンクから山極寿一・京大総長からのメッセージ動画が送られています。受験に望むにあたっていい刺激になるかもしれません。京大志望の方が近くにいる方はぜひ見せてあげてほしいですね。

苦しんでいるのは受験生だけじゃない?!

受験生も大学受験という壁に立ち向かっている中、京大生も期末試験という壁に立ち向かっています。

厳しい、受験競争を勝ち抜いた京大生も合格後は新たな闘いが始まっているのです。受験生は大学合格で燃え尽きることなく学習意欲を燃やし続けてほしいですね。

京大のセンス、ぎゅっと。SENSE KYOTO


998917_245339242316656_740990136_n

【トップ画像】 :  Ricardo Torres Kompen on flickr
【参考】: 京都大学
広告