【連載】選挙選挙うるさいな!私が投票したって何も変わらんやろ!

標準

若者の投票率向上を呼びかけるivoteから、 熱いメッセージです。

文面から伝わってくるパワーが異常ですね。


ivote1

photo: ivote (※画像は筆者と同じ性別のモデルです)

 

皆さん突然ですが選挙ってなんでしょうね?

 

国政も、区議会選挙とかも、ぶっちゃけあんま行く気しないですよね。

候補者は知らないおじさんばっかりだし。

話してる内容も皆似たような感じだし。

 

なんだかんだ、自分が投票に行かなくても生活できちゃいますしね。

 

でも意識高い人はずっと投票率がどうとか、選挙に行こう!とか言ってくるじゃないですか。

白紙票で良いから想いを伝えろ!とか言うけど、伝えたい考えとか意見もないし、そもそも何も伝わらないでしょ。

 

でもでもそれでも。

私は選挙に行こうよって思うんです。

投票はゼロじゃないから。

自分の一票なんて小さいと言うけれど、

1億人で1つの国を分かち合うために、

みんなが1億分の1の力を持っていることは、ふてくされるようなことなのかな。

私も、日本国民で罪を犯していないあなたも、阿部寛も、石原さとみも、

投票箱の前では同じだけの力を持っているって、ちょっとすごくないですか。そんな力使いたくない?

 

 

力を使わなきゃと思うような問題なんて、自分の生活にはない

なんて聞こえてきそうですが、本当でしょうか。

自分が今「生きやすい」と思う環境って、自分が思っているよりも法律やそれを作る政治に影響を受けています。

逆に言うと、投票結果→政治によってなにもかも変わる可能性があるんです。

ivote2

photo: ivote

投票で議席が決まる選挙において投票しないことは、政治家の人たちに「あなたが当選さえすれば後は次の選挙まで好きにしてください」っていうメッセージを送ることになっちゃいます。

そんなメッセージを受け取っている政治家に、「投票してない私たちのことも含めて国(地域)のために頑張っててくれるだろう」ってのは、ちょっと虫が良いというか、非現実的じゃないかなぁ…

 

しょぼいけど投票権があるのは分かった!

投票しないと政治家たちに無視される危険があるってのも分かった!

「でも誰に投票すればいいんだよ!」

ということで次回は「選挙選挙うるさいな!投票先決めれへんし!」

投票する前に意識できるポイントを考えてみます。

 

 

とりあえず政治とか選挙ってなに?

を刺激的にスッキリさせるイベント、「若者超会議2015」の詳細はここからご確認ください

 

学生団体ivote関西は、若者の投票率を一緒にあげる為に活動中です!活動紹介はこちら

皆様からの「イイネ!」が力になります!

 


998917_245339242316656_740990136_n

京大のセンス、ぎゅっと。SENSE KYOTO

【Special Thanks】ivote関西

広告