welcome-fresh-1

【祝京大合格】新入生が知っておくべき、京大生活のアレコレ10選

標準

2015年3月10日、京都大学。キャンパスは歓喜の声に包まれ、今年も3千人以上の新たな京大生が誕生しました。新たな生活に胸を踊らせる、そんな新入生のための知っ得情報を、SENSE KYOTOが独自にまとめました。新入生、必見です!


まずは、新入生のみなさん。合格おめでとうございます!厳しい受験勉強を乗り越え、晴れて入学を果たした喜びはひとし(ry・・・。 おそらく、こういう台詞は入学式のシーズンにお偉い方から聞くと思うので、今回はすっ飛ばしますね。でも、本当におめでとう!

さて、この大学を選ばれた理由は様々だと思いますが、京都大学は本当に面白い大学であることは保証します。どんな理由であれ、この4年間(最大8年間)を思いっきり楽しんで下さいね!SENSE KYOTOは京都大学の面白い人、モノ、コトをどんどん発信していきます。興味ある方は、これからも当団体をよろしくご愛読ください^^

●新入生が知っておくべきこと・・・?

いきなり上からなんじゃい!と思われるかもしれません。でも、少しだけ先に京都大学に入学した僕から、ちょっぴり知っておいたらいいんじゃないかなっていうコトをお伝えしたいと思います。ここにあげたことは、僕が合格が決まってから4月までに知れたら良かったのに!と、今振り返って思うことをいくつかピックアップしたものです。

では、早速ご紹介しましょう!

 

1、友達は、大学生活の充実度を大きく左右する

welcome-fresh-2

PHOTO: Shawn

どんな新入生も抱く不安第1位。

それは、「友達できるか?」。

結論から言うと、「友達はできます」。当たり前ですね^^笑 地元を離れて京都にやってくる人が多いため、みんなお互いが知らない人。4月は初めましてが多くなりますが、5月以降、所属する部活やサークルが決まって行くと、次第とその中で友達が増えて行きます。

ただし、逆に言えば、大学の中のどこかに所属することが、結構大切ということでもあります。大学では高校までと異なり、明確なクラス意識(3年○組の誰々です、みたいなヤツ)というものがなくなります。(ただし、一部学部を除く。←まじ羨ましい)つまり、何もしない受け身の状態だと、「勝手に」友達が出来るってことはあまりないと言ってもいいかもしれません。

大学生は「人生のモラトリアム」と揶揄されるように、子どもでもなく大人でもない、でも責任はあるという、特殊な環境の下にいます。今までのように、与えられた環境にどう対処するかではなく、自分が欲しいもののために、自分で環境を作って行かなければなりません。友達作りは、その最初の関門なのかもしれません。

ちょっと怖いこと言いましたが、友達作りとあまり意識しすぎず、自然体でいることが一番良いのかも。大学時代の充実度は、付き合う友達によって大きく変わって行きます。少しだけ自分の先を見据えつつ、それでいてあまり好き嫌いせずに、色んな人と付き合うのがベストだと思います。

特にオススメなのが、自分とは正反対の学部の友達を作ること。意外と学部によって人の個性って変わったりします。(僕は法学部ですが、課外活動ばっかりしているので総人によく間違えられます。笑)他人の様々な価値観に触れる中で、自然と自分に相性が良い素敵な友達ができるはずです。人との出会いを楽しんで下さいね!

2、家からスーパーが近いと自炊が続きやすい

welcome-fresh-12

PHOTO: bunny hero

もし、あなたが4月から晴れて1人暮らしを始めるなら、知っておいても良い事実があります。それは「自炊はヒジョーに面倒くさい」ということです。もちろん、料理が好きな女性の方や男性の方もたくさんいらっしゃいます。そういう、もともと料理が好き!という方は、特に自炊に抵抗を持たないので大学生活を通して、自炊を継続できると思います。

ただ、もしあなたが、まあ節約のために自炊しないとな〜という程度でしか自炊について考えていないなら、言わせて頂きます。

あなたの自炊は続きません!!!!

大学生は、そもそもいつも晩ご飯の時間帯に家にいるとは限りません。サークルやバイトなどがあれば、当然外食やまかない飯(これはありがたいですが笑)になったりします。毎日料理するわけじゃないので、冷蔵庫の中の食材管理がとっても面倒。お肉なんて、夏場はほとんどもたないので、あなたが肉食派なら自炊の度にスーパーに行く必要があります。

まあ、なんていうか、ぶっちゃけ面倒くさいですよね?(これめっちゃ共感してもらえるはず)

そもそも自分の作った下手な料理を食べるくらいなら・・・という話ですよね。笑

とはいえ、自炊を何が何でもするんだ!という勇ましいあなたにオススメなのが、家をスーパー近くにすること。たったこれだけで、自炊意欲の続き方がまるで違います。参考にして下さいね。(もう手遅れかもですが笑)

3、チャリは必須アイテム

welcome-fresh-3

PHOTO :Lordcolus

京大生の3大アイテムといえば、1にチャリ。2にチャリ。3にチャリ。というぐらい、チャリは必須アイテムです。それは、大学構内に溢れ変えるチャリの数を見れば、ハッキリ理解できるでしょう。一体何台のチャリが京大に存在(放置)しているのか。今度別企画で検証してみます。笑

とにかく、学期が始まるとキャンパス内はチャリがビュンビュン行き交うようになるので、ちょっとだけ心の準備をしていると良いのかもしれません。ロードバイクを乗りこなすお洒落京大生も多いですが、別に安いチャリでも大丈夫!あまりに高いチャリだと盗難や撤去(これが結構頻繁に起きる。京都市さん怖いです。)された時の懐と精神的ダメージが大きいので。実家生でも、大学にチャリを置いとく京大生は多いです。ご参考までに!

4、新歓期は思いっきりチヤホヤされよう

welcome-fresh-11

PHOTO : Juha Uitto

大学の4月といえば、新歓!京大に限らず、大学では「新入生歓迎会」が至る所で開催されます。京都は大学生の街と言われるほど、たくさんの大学があります。お花見シーズンでもある新歓期は、祗園の円山公園や、鴨川デルタでの花見の場所取り合戦が熾烈さを極めます。京大の多くのサークルや部活も、有望な新入生を獲得しようと、徹夜で場所取りしたり、夜通し話し合ったり(主にセレクションとかで)しています。実は新歓期は、サークルや部活が1年で最も忙しい時期なんですね。

そんな時間も体力も消費する新歓を、新入生は思う存分楽しんで欲しいと思います。基本的にこんな熱烈な新歓を受けることができるのは、新入生の4月〜5月のみ。人生で1回しかないチャンスなんです。そんな時に遠慮していたら、もったいない!たまにご飯をおごってくれるサークルに行きまくってる人とかもいますが、体力が続くなら全然オッケーだと思います。(先輩も同じようなことをやってきているので笑)

ただ、京大の先輩達もみなさんに入って欲しいという思いで、一生懸命新歓をしています。チヤホヤされすぎて、ちょっと天狗になりそうな気持ちは分かりますが、そんな時は、先輩たちの苦労にそっと感謝してあげてくださいね。

(入りたい部活やサークルが決まったら、そこに通い詰めるのも良いと思いますよ!)

5、勉強以外の活動の大切さ

welcome-fresh-4

PHOTO : sprklg

京都大学に入学されたということは、きっと今まで一生懸命、勉強されてきたのかと思います。現行の日本の教育制度下では、大学までの学生の目標は、悲しいことに「いかに良い大学に入るか」というになってしまっています。確かに、京都大学は偏差値という物差しの上では、良い大学と言ってもよいでしょう。ですが、それは大学に入るまでの話。大学生になったあなたの次の目標は、学者や国家資格を目指される方でなければ、どこかに合格するということではなくなります。私たちは自分の人生の目標を、自分で見つけ出し、それに向かってそれぞれ全く違う道を進んで行くのです。大学受験というレールの上を走って来て、いきなりレールのない道を走れといわれたら、誰だって戸惑います。きっと、途方に暮れてすぐに立ち止まってしまったり、ずっこけたり、果ては明後日の方向に走り出すこともあるかもしれません。

でも、それが人生です。

迷いながらも、自分の人生の道を見つけて行く。大学生の醍醐味は、まさにこの部分にあるのではないでしょうか?だからこそ、僕がおススメしたいのが、「勉強以外のことに積極的に挑戦してみる」ということ。大学の勉強ができても、社会にはそれ以上に必要とされているチカラがあります。それが何なのかは、ここでは言いません。試行錯誤しながら、自分自身で見つけて行って下さい。それが見つかった時、あなたの人生はゆっくりと始まって行くでしょう・・・。

6、1限に潜む魔物との勝負が鍵

welcome-fresh-10

PHOTO : Peng Zhang

真面目なことを書きましたが、不真面目なことも言っておきましょう!笑 みなさんは、大学までの学校で1限というものに慣れ親しんで来たのではないかと思います。朝眠いとは思いつつも、遅刻したくない!眠い目をこすりながら、毎朝のように起きていたでしょう。

大学に入って何が1番変わるかというと、実はこの意識なんじゃないかと思います。みなさんが、1限開始の5分前に起きたとしましょう。今までのあなたなら、きっと絶望したはずです。ですが、おそらく1ヶ月〜2ヶ月後。同じ状況であなたはこんな風に思うはずです。

「あ、1限無理や。2限から出よ。」

(そして、2度寝し2限も出れなくなる)

大学の授業は出席が必須の授業(出席点がある)と必須でない授業(出席点がない)があります。後者なら当然、行かなくても言い訳なので、わざわざ眠い朝に起きて出席する理由がないですよね。また、前者の場合ですら、度々寝坊して単位が怪しくなってくると、そもそもその授業の単位取得を諦めるという思考回路のスイッチが入ります。

自分でも驚くかもしれませんが、やっぱり人間って怠けるのが好きなんだなと感じてしまいます。(遠い目)

7、留学したいなら1年前期は大切

welcome-fresh-7

PHOTO : Daniel Neubauer

あなたがもし、大学生活の中で留学に行きたいと思っていて、なおかつそれが半年〜1年以上のものなら、この4月からそれを意識して行動した方がいいでしょう。京都大学は、海外に提携している大学を複数持っています。こうした提携先大学と留学生を互いに交換し合う、通称「交換留学」が、大学で最もポピュラーな海外留学の方法になります。もちろん、私費でも海外留学は可能ですが、交換留学の最大のメリットは、京大の学費を払えば留学先大学の学費を払わなくても良いということです。一般的に、海外大学の学費は信じられないぐらい高いです。例えば、アメリカの大学は年間200万円以上の学費がかかると言われています。対して、京都大学の学費は国公立のため半期50万円。この経済的メリットは、バカじゃないのってぐらいあります。

さて、この交換留学の制度ですが、実は誰でも希望すれば行けるわけではありません。留学が認められるには、基本的にまずは京大での成績表による審査や英語の語学力を証明するスコア(TOEFLやIELTSなど)が必要になってきます。一定の基準以上でなければ、そもそも京大から留学生の資格を認められませんし、このいわゆる学内選考を通過しても、希望先の大学への応募者が多かった場合、優秀な人の希望が優先されます。人気の海外大学の選考は激しい戦いが予想されるので、海外留学を検討している人は、それを踏まえて計画的に京大の試験をこなす必要があります。4月の吉田キャンパス(クスノキがあるとこ)の正門入って左側の建物KUINEPで、留学説明会が開催されます。是非、そちらに足を運んでみるといいでしょう。

まだまだ留学志望者が少ない、1回生の時期から動き出すメリットはとても大きいです。頑張って下さい!

(ちなみに、留学には通常1年の準備が必要です。あなたが1回生なら、どれだけ早くても留学開始は2回生以降になることも、知っておいて損はないでしょう。)

 8、夏休みの計画は、4月からでも早くない

welcome-fresh-9

PHOTO : kobaken++

おいおい、まだ桜も咲いてないのに夏休みの話かよ!と思われるかもしれませんが、これは個人的に絶対に知っておくべきだと思います。僕のように1年生の夏休みに何もすることがない超暇人になりたいなら別ですが・・・。

ちょっと驚くかもしれませんが、一般的に大学生は1年間365日のうち、約200日が休みの日だと言われています。信じられないでしょうが、本当なんです。

大学生は金はないが、時間はあると言われる始末でもあります。そして、それの大きな原因になっているのが、夏休み(様)なのです。主に私たち大学生のみに、アツアツのお休みを60日間もお与えくださる神のような存在です。社会人なると、夏休みがなくなるらしいので、そのギャップに驚くと言われています。笑

多くの大学生が夏休みにすることといえば、免許合宿、海外旅行、サークルの友達と旅行(か毎日試合漬け・・・)ぐらいじゃないでしょうか。あとは、毎日バイトという意味の分からない行動に走る人もいますが・・・。(自分の大半の時間を900円ぐらいで売っていると考えると、マジどん引き。)

さて、僕がなぜ4月から夏休みの計画をたてるべきというのは、海外旅行も免許合宿も、さっさと申し込まないと直前では高いし、満席で良いことなんて1個もない!からなのです。僕は1回生の頃、7月ぐらいになって、そういえば夏休みなんも予定ないなーと思い始めるも、法学部の試験勉強に気を取られ過ぎて、8月に入ってからさすがに「あ、これ暇過ぎや」と気付いたという苦い思い出があります。

周りの友達はすでに海外旅行とか免許合宿の予定を詰めていて、なんかちょっと孤独感・・・。幸い、サークルの活動で2週間ぐらいケニアに行ったり、11月のイベントに向けて9月は準備に追われることになり、とりあえず暇ではなくなったのですが、正直あんまり充実してなかった夏休みでした。

新入生のみなさんは、なるべく計画的に夏の予定をたてて、充実した夏休みを送って下さいね!頑張ったら、毎日何かの予定を入れることも可能ですよ〜!

9、お酒が飲めなくても初めは飲み会行っとこう!

welcome-fresh-6

PHOTO :Taichiro Ueki

さて、大前提として、もしあなたがまだ20歳未満であるなら、お酒は飲まないで下さいね。(もちろん、自分の自由だと言う方もいらっしゃいます。自己責任でお願いします。大学生ですからね〜。)

大学生と切っても切り離せない関係にあるのが、飲み会です。おそらく、あなたも4月の新歓期に、様々なカタチでこの飲み会に接することがあると思います。バカ騒ぎしたり、みんなで楽しむお酒は楽しいです。少しハメを外しても許されるのが大学生の特権。十分その特権を活用すればいいと思います。ただ、もちろん体質的にお酒が飲めない人や、そもそも飲み会の騒がしい雰囲気が好きじゃない人もいると思います。それはそれでオッケーだと思います。実際、飲み会でもお酒が飲めないのでジュースとかお茶だけ飲んでいる人だっています。(まあ当然ですが。)なので、お酒が飲めないと自分が分かっても、別に気にしなくて大丈夫ですよ^^

ただ、お酒が嫌いだからといって、飲み会にあまり行かないのは、ちょっとだけ損していると思います。確かに、1回3000円近くする飲み会でお酒も飲めないならコスパ悪過ぎで行きたくなくなることも十分理解します。でも、飲み会って、ただ「お酒を飲む宴会」じゃなくて「みんなと楽しむ場」なんだと思ったらどうでしょうか?お酒は楽しむための、道具に過ぎないんですね。(お酒の良いところは、普段言えないことを言えたり、言っても後で覚えてないといってしらばっくれることができる点にあります。笑)

僕も大規模な飲み会は正直好きではないですが、飲むというよりその場を楽しむという気持ちで、飲み会に参加して言います。飲み会でしかできないコミュニケーションのあり方だって、あったりします。僕もコミュ障ですが、頑張って出席しているので、新入生のみなさんも、3000円を節約して人間関係まで節約せずに、ちょっとお金は出費で痛いけど、まずは行くことを検討してみるっていう感じで、「飲み会」と付き合っていけば良いと思います!

(もちろん、これは僕がまだ経済的余裕があったからだったのかもしれないですが)

 

10、1年目はとにかく楽しむ!ただし・・・

welcome-fresh-5

PHOTO : Alejandro

多くの人にとって、人生の中でも大きな意味を持つ大学時代。この4年間の過ごし方が、その後の人生の方向を、結構決めたりするんじゃないかなと思います。受験勉強という檻から出たあなたは、きっと今は自分が何でもできる可能性に満ちあふれていると感じているかもしれません。

確かに、それは正しいです。18歳、19歳の人間の持つ可能性は、計り知れないでしょう。でも4年後、あなたが京都大学を卒業する頃、その可能性の半分は消え去っているということも知っていてもいいかもしれません。ある意味、大学の4年間というのは、「可能性を探る時代」でありながら、同時に「可能性を消して行く時代」でもあるのだと思います。自分の興味のあることをとことん追究していく一方で、自分が興味を持てないことへのパワーは、切り離して行く。そうすることで、世界にたった1人しかいないあなたが出来て行くのだと思います。

とはいえ、大学1年目はとにかく楽しむ!それがすごく大切だと思います。受験勉強から開放されて、思いっきり遊ぶこともすごく大事です。一流の人は、遊び方も一流と言われますが、遊ぶこともあなたの人生にとって大きなプラスになるはずです。

でも、ただ遊ぶだけじゃなくて、その中に少し自分らしさを織り交ぜるといいと思います。海外旅行に行ったり、好きな本やマンガを徹夜して読んだり、友達と朝まで飲み明かしたり・・・。その中で、自分は何に惹かれて、何に心が動かされるのか。それを意識していると、2年目以降に訪れる「迷い」の時期に、きっと自分が誰なのかを知るのに役立つと思います。

賢く、遊ぶ。

それが新入生に実践して欲しいことです。


 

ここまで読んで下さってありがとうございました!

少しは大学生活について分かっていただければ、この記事を書いた意味はあるでしょう。僕は現在就職活動のまっただ中。新入生のみなさんは、大学に入る準備をしていらっしゃるかと思いますが、僕は正反対で「大学生活をどんな風に締めくくるか」について、今も取り組んでいます。

その中で、新入生の頃に気付いていたら良かったかもと思ったことについて、僭越ながら書かして頂きました。たかが3つ学年が上なだけで(とある事情で、年齢は多分5歳ぐらいちがいますが笑) 、偉そうに言える立場ではないですが、ちょっぴり先輩の言葉だと思って、飲み込んでもらえたらと思います。

 

最後に、新入生のみなさん!

京都大学を、200%楽しんでください!!

この4月から、刺激的な大学生活が待ちうけています!

僕もキャンパスで、みなさまをお待ちしていますね^^

 

SENSE KYOTO 創設者/代表 より

 

☆SENSE KYOTOは、京都大学の唯一のウェブメディアです。ウェブコンテンツを中心にした世界的なトレンドをいち早くキャッチし、2014年10月に開設されました。(団体自体は2013年12月発足)

☆SENSE KYOTOは新入生を絶賛募集しています!

・ライターに興味がある。

・京大中の情報通になりたい。

・学内や学外の色んな人や団体と関わりたい。

・自分を表現することが好き

以上にあてはまる方は、今すぐご連絡を!

もちろん、そうじゃなくても大歓迎!

ご興味ある方は、コンタクトからご連絡くださいね^^

待っています!

☆3月は新入生向けの記事を発信していきます。毎週更新予定なので、是非今後もチェックしてみてくださいね!

☆Facebook、Twitterも活発に運用中!

 

998917_245339242316656_740990136_n

京大のセンス、ぎゅっと。SENSE KYOTO

 

広告