【才色兼備】京大に美男美女ぞろいの部活があると聞いて、殴り込んできた【シリーズ1 新井志帆さん(農・4)】

標準

神は二物を与えないとは言うものの、実際には文武両道・才色兼備な人たちもいるわけで。今回 は、超強豪・京大体育会男子ラクロス部に焦点を当てて、京大生美男美女をシリーズ三本立てで ご紹介したいと思います!


【知っとこう】大学スポーツ・ラクロス界において、実は京大男子は超強豪校・・・!

関西学生一部リーグ優勝、スプリングカップ優勝、全日本学生リーグ準優勝…

京大男子ラクロス部の部室に並ぶ賞状や盾・トロフィーの山にはそんな煌びやか文字が並ぶ。

一般的に京大といえば関西一の難関校というイメージが先行するが、ラクロス経験者からすれば関西一の超強豪大学という認識が先に来るほど、向かうところ敵無しな強さを誇っているとか。


しかしそんな強豪チームを運営しているスタッフも、ラクロス特有の激しいプレーに劣らずの大変な仕事量をこなしている。我武者羅にプレーするだけが勝利につながるのではなく、 それを支えてくれる人たちあってこそ強いチームが生まれるようです。

しかもこの男子ラクロス部。単に強いだけではなく、なんと美男美女揃いなのだとか…?

そんな噂を聞きつけて、今回は男子ラクロス部の噂の美女にインタビューしてきました!!

【京大美女No.2 新井志帆さん(農・4】

しほさん㈰-1

 

●アネゴ肌な京大生美女

今回の今年四回生になられる新井志帆さんは、農学部の食料環境経済学科に所属されています。

部活内でのあだ名は「あねご」!その由来は複数あるのだとか。

「うーん、まずは性格的なところかなぁ。部活内の職種も『オペレーター』っていう運営専門職 で、自分から進んで仕事するのが好きだし、ちょっと仕切り屋っぽいところがあるからかも(笑) あとは単純に二浪してて今年24になるせいかな笑!」

なるほど、二浪とはかなり頑張ったんですね…

たしかにどこかで見たことあるなぁと思ったら四谷学院のCM広告に出たこともあるのだとか!

テレビで見てもお綺麗ですが、近くで見るときめ細かな 肌が真珠のように煌めいて見えます。

他の部員の方々も、何年一緒にいても飽きることない美しさだと口を揃えて仰るほど。

しかし彼女の魅力はそんな外見的なところに留まりません…!

 

●部内の職種は『オペレーター』

男子ラクロス部のスタッフは主に

  • マネージャー
  • トレーナー
  • オペレーター

の三種類。

マネージャー環境作りが仕事で、練習メニューの管理や試合でのベンチ作り等など様々なところに気を回してチームを支える役職。

トレーナー身体作りの専門で、日々専門知識を勉強しながら選手の強靭な肉体作りに貢献したり、または怪我をしてしまった選手のリハビリを手伝ったりします。

そして、新井さんの仕事でもある『オペレーター』。

その名前を聞いただけでは何をしてるのか分かりませんが、その仕事内容は主に運営、渉外、広報活動、分析など部の運営に関わること広範に及ぶのだとか。

部全体を指揮する重要な役職であり、聞く感じ彼女が男子ラクロス部を勝利に導いているといっても過言ではありません!

 

今日はそんな新井さん自身に、男子ラクロス部の魅力を語っていただきました。

 

●男子ラクロス部の魅力とは

そんな才色兼備な新井さんは、なぜ男子ラクロス部に入部なさったのでしょうか?

「きっかけは学部の茶話会に行ったときに、そこにいた先輩に『ラクフェス』を勧められたこと。ラクフェスって言うのは男子ラクロス部が毎年やってる男女合同のすごい大きな新歓イベントで、 参加してみたらすっごい楽しかったし、部活の雰囲気にも惹かれたなぁ。」

sihosan3

 

なるほどなるほど。たしかにラクフェスって新歓の中では有名なイベントで、だいたいの人が聞いたことがありますもんね。男子ラクロス部って部員数が多いせいもあってか、毎年新歓期では 派手な色の新歓Tシャツがキャンパスでは目立っている印象です笑 (今年は黄緑なのだとか…!)

「実は、最初は無謀に見えたんやけどね(笑)京大生がスポーツで日本一をとるってイメージ沸かんくて。イベントの時はほんと楽しそうに盛り上がっててんけど、普段の練習に行ってみたら 同じ人たちと思えないくらい真剣で。その部活に対する姿勢とか熱い思いとかを知って……日本 一、できるんじゃないか、いや、とりたい!と思っちゃったのが入部の理由かなぁ。」

しかし体育会、しかも強豪チームとなると、生半可な覚悟では続かないほど忙しそうなイメージ …。バイトとか勉強とか、学年が進めば就活や院試などで忙しかったりしたら心くじけてしまい そうな気もするのですが、実際のところどうなのでしょうか?

「最初はわたしも迷ってん。勉強は学科的にけっこう融通きくから、そこは調節してる。ただ、 生活費はバイト代から出さなきゃならなくて……でも朝部活で夜は空いてるからバイトできる し、忙しくはなるけど何よりも『日本一を目指す』っていう環境で成長したいと思って入部を決めたって感じやな。 就活に関しては部からの制限はないし、逆に部活での経験が就活でも役に立ってるなぁって感じることの方が多いなぁ。」

新井さんは今年四回生なので今まさに就活をしている最中となります。部活と就活と私生活の両立、ぜひぜひ頑張ってほしいものです…応援しちゃいます!

そんな新井さんに一問一答おねがいしてみました♡

Q. ご自身のチャームポイントってどこだと思いますか?

A.「お肌笑?あと目力あるって言われるかな笑 はずかしい笑!」

Q. 好きな男性のタイプは?

A.「ざっくり言うと男らしい人。自分よりいろんな面で優れてて、頼れる人であってほしい…!

でも料理だけはぜったい負けたくないかな笑。

『おまえにはしょーもないとこ多いけど、料理だけは永遠にかなわへんわぁ』とか言われたらキャー!ってなっちゃう(笑 )Sっ気強い人がいい(笑)」

Q. 得意な手料理はなんでしょう?

A.「和食…かなぁ。ぶりの照り焼きとかサバの塩焼きとか、魚料理はつくりがいあるよね。あと最近はスープとかけっこう凝って作ることもある。あとはー…煮込みハンバーグとかも好評だったり もした。誰に作ったか? えへへ、秘密です笑」

Q. 理想のデートスケジュールは?

A.「完全にアウトドア派!こどもっぽく騒げるところがいい!遊園地とか、あとは知らないところ を探検したりとか。やったことないスポーツとかいっしょにしてみたいかな…スノボと かして、私が転んだときに『しょうがないなぁ、よいしょ!』って持ち上げてほしい(笑) そしてそ の後に疲れて家に帰ってきて、2人でごろごろするものあり笑」

しほさん3

 

始終照れ笑いしながら答えてくれてくださいました。ちょっと聞きながらこっちがドキドキしてしまいます…。

捗ります、ありがとうございます(笑)

 

●新井さんに会いに、男子ラクロス部へ行ってみよう!

四月、桜舞うはじまりの季節。

ということで、新井さんから今年京大に入る新入生に向けてメッ セージを預かってきました!

「今年の四月から京大生となるみなさま、こんにちは!私から伝えたいことは、あっという間 の大学生活、自分が本気になれることをやってほしいということです。京大ってほんと自分次第で、授業も楽なとこが多いし試験期間だけ頑張ればいいとこも多い。受け身なままでは時間を持て余しちゃいます。だからこそ、それが実際、部活でもバイトでも勉強でもなんでもいいから、一生懸命になれることをさがしてほしいと思います!」

 

さて、そんな新井さんに一目お会いするにはどうしたらいいのでしょうか? 京都大学男子ラクロス部は以下の日程で新入生向けイベントを行っているそうです。

  • 3月31日(火) ラクロス体験会
  • 4月4日(土) ラクロスフェスタ

いづれも、

8:30 出町柳駅 / 時計台前集合

または

9:00 農学部グラウンド集合です。

 

お昼ご飯は全て無料(さすが体育会って感じです)

ラクフェスに関してはMVP景品にクロスバ イクも出るそうなので、みなさん挙ってラクロスをしに(新井さんに会うために…!)奮ってご参加ください!

その他にも、魅力満載な京大男子ラクロス部の情報はこちらから↓

 京都大学男子ラクロス部プロモーションビデオ

 


次回予告

さてさて次回も引き続き、京大男子ラクロス部の美人スタッフ、農学部の食品生物化学科三回生、 永田千夏さんのインタビューをお送りします!!

しほさん千夏㈰
配信予定日は4/2です。乞うご期待!!! 配信が待ちきれない新入生は、ぜひ新歓イベントへどうぞ~!!

 


998917_245339242316656_740990136_n

京大のセンス、ぎゅっと。SENSE KYOTO

【Special Thanks】京都大学男子ラクロス部、新井志帆さん

広告