【連載】軸を決めると、誰に投票するかが決めやすくなる

標準

投票の際、いったい何を基準にして投票すれば良いのか。選挙直前になってネットで調べるならともかく、それすらしない人もいるのではないか。今回の寄稿では、直前になって慌てるのではなく、常日頃から、考えの軸を持って、自分なりの意見形成をしていくことの必要性を問うている。そして、そのキッカケ作りを彼らは担っているようだ。


 

こんにちは。

今回で私の連載も最終回。

 

これまでゆるくシニカルに、選挙や投票について書いてきました。

最後は「誰に投票するか?を決めやすくする軸を持とうよ」、って話をします。

 

選挙での判断軸を見つけよう、持とう

私達は、常にあふれかえる情報の中にいます。

フレスコのお得情報から中東での武力紛争まで、そして噂話から「根拠」付の学術的な分析まで氾濫しているのが今の日本です。

政治に限ったところで国会議員の不倫、無駄遣いはまぁ分かり易くとも、議員定数削減、派遣労働者法、集団的自衛権、産業保護、社会保障、財政危機などなど聞いているともうそれだけでパンクしそうです。

国の問題はテレビで見るからまだしも、地域のお金とか政策なんてますます謎で、

そりゃあ、選挙だ!となってもどうしたら良いか分からないですよね。(私も慌てます)

 

でも、この混乱を少しでも減らせるのが、自分にとって一番大事だと思うポイントを絞ることなんです。

例えば、公開討論会に行って(3月24日、京大であります)

候補者の考え方、議会での質問の仕方、口調、趣味が自分の好みに合ってるか、でも良いし、

候補者の話ではなくて、

  • 農業問題(休耕田の解消?食物輸入?)
  • 教育(教育基本法?道徳?指導要綱?)
  • 医療(社会保障の範囲?介護?労働力輸入?)
  • ビジネス(法人税?就活?起業家育成?)
  • 政治(政務調査費?ネット投票?)

などなど、トピックに関心を絞って、自分が考える「こうなるべき」に近いことを言っている人を探すってのも有りです。

 

ivote2

人間は、全ての情報を処理することはできません。

(こうして記事を見ている1秒の間に、皆さんは1100万に渡る情報を得、その内の40だけを認識しているそうです)

ただ、どの情報を処理するのかは皆さんの興味、関心によって操作できるんです。

 

政治の為、なんて思わなくていいので。

皆さんがニュースやネットでふと気に留めるその内容、賛成できる意見を頼りに

選挙でも投票してみませんか

 

 


 

いやいや、意見とか言われてもあんまり深く考えてないし…

というそこのアナタに朗報です!

この記事を連載してきたivote関西が、

しっかりがっつりでも抜群に楽しく!

一緒に「日本」と「未来」を考えるイベントを*3月31日*みやこめっせにて

打ち上げる予定です。

こんなんです。

 

京大生活に胸をときめかせる新入生も、穏やかで俗な毎日にちょっと飽きてきたり、その道を究めて他の分野も気になり始めたそこの京大生も、もう疲れたよパトラッシュ…な京大生も奮ってご参加ください!

申し込みはこちらより。

今なら意識が低くても安心!ワタミ金券によるキャッシュバックキャンペーンやってます!
詳細はこちら

 


998917_245339242316656_740990136_n

京大のセンス、ぎゅっと。SENSE KYOTO

【Special Thanks】ivote関西

広告