【留学支援】月20万円!?「トビタテ!留学JAPAN」って?

標準

海外留学・インターンシップをしたいけれどお金が不安…という方は多いのではないだろうか。そんな悩みを抱えている方にとってとても魅力的な留学支援制度がある。それが今回紹介する「トビタテ!留学JAPAN 日本代表プログラム」だ。返済不要の充実した奨学金は海外への挑戦を力強く後押ししてくれるハズ!

「トビタテ!留学JAPAN」とは?

「トビタテ!留学JAPAN」(以下、トビタテ!)は2014年から始まった官民協働の留学支援制度だ。支援制度へ寄付している企業や団体は大手企業を含めて100を越え、2020年までに約1万人もの意欲ある若者を海外に送り出し、グローバル人材を育成することを目標に掲げている。また支援を受けた若者たちによる活動を通して日本全体に留学への機運を高めることで、加速する昨今のグローバル化に向けて日本全体の留学への意欲向上を狙っている。

これまでの支援は4期にわたって行われ、それぞれ「自然科学、複合・融合系人材コース」、「新興国コース」、「世界トップレベル大学等コース」、「多様性人材コース」など若者たちが目指す目標やスキルに合わせた支援コースが用意されている。例えば「多様性人材コース」は主にスポーツや芸術など幅広い分野において国際的な活躍を目指す若者を支援するコースだ。

支援対象は学業成績や語学による一律な基準ではなく、書類及び面接によって決められる。支援金額は最高で月20万円と渡航費の給付とかなり充実した内容だ。また4期からは「海外初チャレンジ応援」枠が新設され、海外経験が少ない若者でも積極的に応募しやすい環境が整った。さらに詳しい情報は下記のURLを参考に。

「トビタテ!留学JAPAN」ホームページ http://www.tobitate.mext.go.jp/

●京大生有志主催 第1回サロン「◯◯×留学」

この支援制度を受けて海外へと飛び立った学生達が主体となって2016年2月中旬に第1回サロン「◯◯×留学」が開催された。前述の留学への機運を高める活動の一環として学生が留学経験を発表し、これから留学を目指す若者たちへ「自分に合った留学」を考えるきっかけづくりが目的だ。

基調講演では京都大学で企画・情報部企画課長を務める佐藤邦明氏が自らの海外経験をもとに留学する際の心得や自らが留学で得たもの、そして若者たちが秘める無限の可能性について語った。佐藤氏はスーパーグローバル大学創生の支援をはじめ数多くのグローバル人材創出に携わってきた。講演からはこれからのグローバル社会へ旅立つ若者への期待と激励が垣間見えた。

基調講演

●発表者の経験は多種多様!阿波踊りを広めに行った学生も…

基調講演の後は4つの部屋に分かれて支援を受けて渡航した学生達による留学の成果や体験の発表。発表者は京都大学をはじめ大阪府立大、富山大学、山口大学など様々な大学及び大学院出身者で構成されている。もちろんその体験談も様々で製剤工学、文化人類学、政治哲学などから演劇や移民教育までその専門性は幅広い。

阿波踊りの魅力に惹きこまれた徳島大学の大学生は韓国・大邸へ阿波踊りの魅力を発信しに渡航。地域の特色を活かした町興しが多数行われるなかで、リオのカーニバルを超える来場者数を誇る徳島の阿波踊りに目をつけ、自らの専門分野とはまったく異なる分野でありながら阿波踊りへの愛と好奇心に従い留学を決めたそうだ。阿波踊りを広めるためにオリジナルTシャツを作るなど言葉の壁とぶつかりながら懸命に普及を行なった様子を語ってくれた。ちなみに今後はプロの阿波踊り集団への加入をするそうで、留学を通して学んだ経験と新たな阿波踊りの魅力をこれからの活動に活かしていく予定だ。

口頭発表

●懇親会や個別相談会で留学への不安や疑問を解消!

学生達による発表が終わった後はトビタテ!に関する簡単な説明会を経て、参加者やトビタテ経験者を含めた懇親会。留学への興味・関心をもつ若者たちがお茶菓子片手に今後の予定や質問などを気軽に共有できる場だ。参加者たちはそれぞれがもつ留学計画をお互いに話しながら各々が情報交換や経験者によるアドバイスを受けていた。語り合う参加者たちによって会場は熱気に満ちあふれていた。留学という同じ目的をもつ者同士が集まることの意義を感じさせられる。

個別相談会

また懇親会中には個別の相談会が設けられ、参加者一人一人の専門性に対応した経験をもつトビタテ経験者が留学計画の作り方や渡航先の決め方などを懇切丁寧にアドバイスしていた。参加者がもつ留学目的は発表者の多様さから分かる通りこちらも十人十色。デザインを学びたい専門学校生や起業に興味をもった理学部生など自らの専門分野を突き詰めたり、新たな分野に挑戦しようとしていたりその思いは様々。今回得たトビタテ経験者のアドバイスや他の参加者との出会いを通じてより実り多い留学が実現できれば、その経験が再びこうした場において留学機運の向上へと繋がるはずだ。次第に広がる留学生同士のコミュニティー形成もこの制度の1つの魅力である。

もし留学を少しでも考えているならばこの魅力的な奨学金制度を活用することを検討してみてはいかがだろうか。


写真は第1回サロン「◯◯×留学」実行委員会より提供。

998917_245339242316656_740990136_n

京大のセンス、ぎゅっと。SENSE KYOTO

広告