【鮮烈デビュー!】京大生プロボクサー、デビュー戦初勝利!

標準

京都大学にどんなイメージを持っているでしょうか。

真面目?勉強ばかりしている?変な人が多い?

 

いやいや、実際はそんなこともなく、ガチな武闘派京大生もいるんです!

 

今回はプロボクサーとしての一面も持ち合わせる京大工学部4回生の小木曽友輔さんを紹介したいと思います。


 

○プロボクサーになったきっかけは?

image1

 

(写真 右が小木曽さん)

京大生ボクサーとして活躍する小木曽友輔さんですが、実は大学でボクシングを始めてからなんと1年足らずでプロになったそうです!そのデビューまでの道のりにも筆者は驚かされました。

 

そもそも小木曽さんは大学入学時には、体育会ラクロス部に入部しラクロスの練習に励んでいたそうです。

当時はラクロス日本一を目標に日夜ハードな練習に励んでいたそうですが、ひざに致命的なケガを抱えてしまいラクロスでの道は諦めざるを得ない状況になってしまいました。

しかし、そこからでも何か結果を残したいという強い思いからボクシングに目をつけ、市内のボクシングジムに通う決意をしたそうです。

それからは自分のペースでボクシングジムに通い試合前には週6日も練習しているそうです!

 

プロボクサーとしての京大生

image2

 

 

◆プロボクシング▽スーパーフェザー級(58・0キロ契約)4回戦

○小木曽友輔(判定 3―0)●野沢翔輝(2016年4月16日、京都・島津アリーナ京都)

 

上が気になる小木曽さんのプロデビュー戦の結果です!

(4回戦とは1ラウンド3分間戦い1分間のインターバルをはさむ、というのを4回繰り返す試合の呼び方です)

プロ試験を合格してからわずか5か月ほどでのデビュー戦でしっかり勝利というのは、ほんとうにすごいですね!

 

そんな小木曽さんですがボクシングを続けるうえで親とのわだかまりもあったとか。

京都大学に進学した息子を持つ身としては当然なのかもしれませんが、小木曽さんがボクシングを始めた当初はとても心配をしていたそうです。ですが、デビュー戦で真剣に戦う小木曽さんの姿をみて全力で応援してくれるようになったという素敵なエピソードも!

素敵なエピソードといえば他にもラクロスをやっていた時に先輩から受け継ぎ、後輩へと託した背番号22番を小木曽さんはパンツにプリントしているのですが(タイトルの写真でみれます!)

試合ではそのラクロス時代の同じ背番号を背負っていた先輩と後輩が応援に駆け付けてくれ、勝利の喜びを分かち合ったそうです。

いろんなものに支えられながらの勝利ということで小木曽さんの喜びもかけがえのないものになったと思います!

 

実は小木曽さんの活躍はSENSE KYOTO 以外のメディアでも多く取り上げられているのですが面白い一文を取材班は発見しました。

「 減量は「科学的に計算」と持ち前の頭脳をボクシングに生かした。 」

デイリースポーツ(2016/4/17 7:00配信)

http://www.daily.co.jp/ring/2016/04/17/0008997022.shtml

 

本当なのかと思い、気になって聞いてみると計算しながら減量は行うけれど科学的というとやや大袈裟とのことです。。(笑)

 

また京大生ボクサーというと頭脳派で冷静なスタイルのボクサーをイメージする人も多いかもしれません。

ですが小木曽さんのボクシングはそのような予想とは裏腹にかなり相手からもパンチをもらうようないわゆるインファイト主体攻撃的なスタイルなのだそうです!

 

目指すは新人王!

image4

 

 

最後に、プロボクサーとして初勝利を飾った小木曽さんに今後の目標を尋ねてみました。

 

小木曽さんはこれから新人王獲得。それから大学院進学の二つを目標としてやっていくとのこと。(新人王戦は世界王座への登竜門とも呼ばれ、出場資格を満たした選手がトーナメント形式で優勝を目指して争う)

新人王の獲得はプロボクサーとしての目標であり、これからさらに練習に励んでいくそうです。

また、京大生ということで勉強も手を抜きたくないという思いから、ボクシングをやりながらでも学びにも力を入れていくとのことです!

さらに、「現在は京大生ということで周りから実力以上に注目されているけれど、まわりの体格やセンスで優れている選手よりも更に練習を重ねて実力だけで注目されるようになっていきたい!!」という熱い思いも語ってくれました!!

これからも京大生プロボクサーとして全力で邁進していただきたいですね!

 


 

今回は京大生プロボクサーの小木曽さんについて紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

インドアだったり勉強ばかりだったりといったイメージの強い京大生ですが、京大はスポーツ界などで活躍する人も多いバラエティ豊かな大学でもあります。

これからも様々な分野で活躍する京大生を紹介していきたいと思いますのでよろしくお願いします!


文;朝が苦手な経済学部A

(写真はすべて小木曽さんよりご提供)

 

998917_245339242316656_740990136_n

京大のセンス、ぎゅっと。SENSE KYOTO

 

 

広告