【牧浦土雅に続け】いま京大で最も『アフリカ』に近い京大生が、世界に飛び出る日

標準

2014年にTEDが選出した『世界の12人の若者』に選出された日本人、牧浦土雅さん。1993年生まれ、21歳という彼は、ルワンダで国際協力機関と農民をつなげるプロジェクトを実行後、世界・途上国を股にかけて国際的に活躍する若者です。そして実は1993年生まれで、もう1人、アフリカで起業を狙う京大生がいます。今回はグラミン銀行創設者で、ノーベル平和賞受賞者のムハマド・ユヌス氏の理念の実現を目指すビジネスコンテストにて見事優勝を遂げたask4iの代表、京都大学現役理学部生の相木悠一さんに迫りました!

続きを読む

広告

【就活解禁の今読みたい】博報堂をやめて3Dプリンターで起業した京大OBを訪ねて気付いたコト

標準

2015年3月1日。経団連の方針により、初めて就活「解禁日」が3月に繰り下げられ、世間的な「就職解禁」が紙面を賑わした現実を、京大生はどんな目で見ていたのでしょうか?SENSE KYOTOは、京大生のキャリアについても迫りたいと思っています。今回は、3Dペンを日本に上陸させた京大生OBをご紹介しつつ、現役京大就活生の考えを語ります。

続きを読む